「宜しくお願いします」の英語での言い方と表現方法を覚えよう

スポンサーリンク
「宜しくお願いします」の英語での言い方と表現方法を覚えよう

私たちが日々の会話で頻繁に使う「宜しくお願いします」という言葉ですが、英語では何と言うのでしょうか?

考えてみても、え〜と、なんだろう?

と、悩んでしまいますよね。

それはそのはず。

実は英語には日本語のような決まり文句としての「宜しくお願いします」の言葉は存在しません!

英語に直訳すると「宜しくお願いします→ Please accept(どうぞ受入れてください)」となり決まり文句としては、どう考えても不自然な言葉になります。

が、しかし、わたしたちはその言葉を多くの場面で使っていますよね。

初対面でも「宜しくお願いします」

頼む際にも「宜しくお願いします」

別れ際にも「宜しくお願いします」

手紙やメールでも、用件の最後の一部に決まり文句として「宜しくお願い申し上げます / よろしくお願い致します / よろしくお願いいたします」等、バリエーションを変えて使います。

では、英語で「宜しくお願いします」の意を伝えたい場合はどのように表現すればよいのでしょうか?

そこで今回は日本語の「宜しくお願いしいます」と同じ意味を持つ英語の言い方と表現方法をご紹介します!

スポンサーリンク

「宜しくお願いします」英語での表現方法

まず英語では「宜しくお願いします」をそのまま直訳して使わないことを覚えておきましょう。

つまり、英語で伝える場合は、その場面や状況に応じて様々なフレーズを使って表現することで、日本語での「宜しくお願いします」と同じ意味を相手に伝えます。

それでは状況別での「宜しくお願いします」の英語表現を見てみましょう。

初対面での「宜しくお願いします」を英語で

Nice to meet you.
(はじめまして。)

It’s a pleasure to meet you.
(お会い出来て光栄です。)

”it’s a pleasure”と付けると「光栄や歓び」の意味を含み丁寧でフォーマルな表現になりますが、どちらでも初対面での「どうぞ宜しくお願いします」と同じ意味を持ちますから、好きな方を使ってみましょう。

職場等で締め言葉としての「宜しくお願いします」を英語で

I look forward to working with you.
(お仕事でご一緒できることを楽しみにしています。)

We look forward to doing business with you.
(私たちはビジネスでご一緒できることを楽しみにしています。)

I’m excited to being a part of your team.
(あなたのチームの一員になることを楽しみにしています。)

I look forward to hearing from you.
(お返事をお待ちしております。)

英語では一貫して「宜しくお願いします」で締めずに、状況に応じて具体的に”I look forward to〜.”と今後の展望に対する期待や気持ちを素直に表現して伝えるのが一般的です。メールの最後の一文でも使える表現ですから、これらを覚えておきましょうね。

会議、打合せ、面接などでの「宜しくお願いします」を英語で

Thank you very much for your time today.
(今日はお時間ありがとうございます。)

Thank you for sparing your time.
(お時間を取って頂きありがとうございます。)

Thank you for taking the time to meet with me.
(私にお会いする時間を作って頂きありがとうございます。)

I appreciate you taking the time to have a meeting with me.
(私とのミーティングにお時間を作って頂き感謝します。)

”Thank you for”(ありがとう)の部分を”I appreciate you”(感謝します)に変えて、丁寧な印象にすることも可能ですが、少し上から目線になる場合もあるので目上の人に使う場合には注意。

同僚、友だち、家族に頼み事する際の「よろしく」を英語で

Thank you.
(よろしく。)

Thanks!
(ありがとね!)

You can do it.
(できるでしょ。)

英語では特に「よろしく」の決まった言葉はありませんから「頼りにしているよ、ありがとね!」のようなカジュアルな表現で良いでしょう。

まとめ

日本語をそのまま直訳しても英語では違う意味になることが多いですが「よろしくお願いします」はまさにその典型例かもしれませんね。英語では場面や状況によって様々なフレーズで具体的に伝えることが多いですから、どんどん英語のフレーズを使いながら覚えていきましょうね。

それでは、宜しくお願いします!(笑)

Thank you for your kind attention!

「お疲れ様です」英語での言い方と様々な表現方法