英文法 SVOC の基本5文型はコレだけ覚えれば大丈夫!

スポンサーリンク
英文法 SVOC の基本5文型はコレだけ覚えれば大丈夫

一見して難しそうな長い英文でも実は基本的な構成は意外と単純。

つまり、どのような文章でも「分解と分類」をすることで、文章がどのように構成されているか理解できるようになります。

ただ日本語と違い英語は「語順」が非常に重要な言語であると言えます。

語順とは文章上の単語の並び順のこと。

英語の場合はこの単語を並べる順番が違ってしまうと、全く意味を持たない文になったり、内容自体が変化してしまうのが大きな特徴。

I bought a book.

意味不明な文)
I a book bought.

Do you like an apple?

意味が変化する文)
You do like an apple.

そして、そんな英語の文で重要になるのが「分解」の基となる4つの主な要素と「分類と語順」の基本である5文型になります。

英文の4主要素

S = 主語/Subject
V = 動詞/Verb
O = 目的語/Object
C = 補語/Complement

これら4つの要素を組合せた型が次の英語の基本5文型と呼ばれる文法です。

1文型:SV
2文型:SVC
3文型:SVO
4文型:SVOO
5文型:SVOC

これらは英文の絶対的なルール。

どんな複雑で長い英文でも分解して分類すれば、基本的にこの5つの文型のどれかに当てはまります。

つまり、この基本5文型さえシッカリ覚えておけば、どんな英文でも理解できるってことです。

ちょっと難しそうですが、あまり深く考える必要はありません。

この5文型を習得するコツは単に英語のルールとして「要素別で語順を意識する」だけで大丈夫。

ルールですから、考え方は交通ルールと同じです。

正しく英語を使うには、まず基本ルールを知る。

大切なのは感覚的に5文型を覚え、交通ルールのように無意識に認識できるようになり、間違っている場合は違和感を感じ取れるようになることです。

次の5文型をシッカリ身に付けさえしていれば、どのような英文でも感覚的に「語順から分類」して推測や意味を正しく理解できるようになりますよ!

スポンサーリンク

英文の5文型は語順を意識して覚えよう

英単語の暗記とは違い、英文の文型は5つの型「要素別の語順のパターン」で文章を分類することで、その文の内容を正しく理解するのが目的です。

次の各要素と語順に意識を集中して覚えてみましょう。

S = 主語
V = 動詞
O = 目的語
C = 補語

例)
He named the dog Pochi.( S V O C )
(彼はその犬をポチと名付けた。)
He = S 主語
gave = V 動詞
me = O 目的語
a pen = C 補語

第1文型 S V(主語+動詞)

I eat. (S V)
He smiled.
They laughed.

日本語と違い特別な場合を除いて英文には主体を表す「主語」が必要です。そして、主語や目的語の動作や状態を表す「動詞」。この2つだけで構成されるのが第1文型の「S V」です。

第2文型 S V C(主語+動詞+補語)

I am an adult. (S V C)
She is my friend.
You are a student.

主語と動詞の「SV」に補語である「C」を付けることで、主体の状態について表現できるようになります。つまり「She = my friend」で「S = C」の関係が成り立ちます。そして「V」の部分は主にbe動詞になるのが第2文型「SVC」です。

第3文型 S V O(主語+動詞+目的語)

I have an apple. (S V O)
My friend has a boat.
They have books.

第1文型の「SV」に目的語「O」が付いた形が第3文型「SVO」になります。
目的語の「O」は動詞「V」について表現しており「V → O」の関係が成り立ちます。つまり、第2文型のように「S = C」の関係は成り立ちませんから注意しましょう。

第4文型 S V O O(主語+動詞+間接目的語+直接目的語)

She gave me a book. (S V O O)
I left you a message.
The hotel offers guests a free breakfast.

この型の典型的な形は「S が間接目的 O に 直接目的 O を V する」という意味で「何/誰かに何かを(して)あげる」を表現するのに使われます。Oの目的語が2つありますが、目的語を2つ使える動詞V は種類が限られているので注意が必要です。

第5文型 S V O C(主語+動詞+目的語+補語)

She named her cat Tama. (S V O C)
He is painting the wall yellow.
The warm weather turned the leaves green.

この文型では、第2文型のように補語Cは主語Sにではなくて、目的語Oを対象に説明をしています。よって「her cat = Tama」のように「O = C」の関係が成り立ちます。

以上が英文の基本の5文型です。

最初はちょっと戸惑うかもしれませんが、すべての英文は4つの要素(主語、動詞、目的語、補語)から5つの文型パターンに分類できると覚えておきましょう。

補語 C と目的語 O の違いと役割

ここでちょっと疑問に思うのが、補語 C と 目的語 O の違いについてではないでしょうか?

まず、例文を見てみましょう。

He bought a new bicycle.(S V O)

これは第3文型SVO ですが「買った・bought」動詞V の対象は「新しい自転車・a new bicycle」目的語O になっていますよね。

V → O
(買った → 新しい自転車)

の関係が成り立ちますね。

よって、感覚的に目的語Oは動詞Vとペアで使われる場合が多いと覚えておけば大丈夫です。

次に補語Cですが、目的語Oと違い動詞Vの対象にならないのが特徴です。

そして補語Cの役割としては、主語Sや目的語Oの状態を説明して詳しくわかるよう補ってくれています。

例文を見てみましょう。

My older sister is an English teacher.(S V C)

これは第2文型SVCですが「私の姉・My older sister」主語S は「英語の先生・English teacher」補語Cになっています。

つまり、主語S について詳しく文を補う形で補語Cで説明していることになりますから、

S = C
(私の姉 = 英語の先生)

の関係が成り立ちますね。

次は第5文型SVOCで、目的語Oの状態を補語Cが説明して補ってくれている例文です。

She is painting the wall green.(S V O C)

壁・the wall」目的語Oを「緑色・green」補語Cで内容を詳しく説明して補っていますよね。

よって、

O = C
(壁 = 緑色)

の関係が成り立ちます。

つまり、

目的語Oとは主に動詞Vの対象となり、補語Cは主語Sや目的語Oを詳しく説明する、と理解しておけば大丈夫です。

英文法の基本5文型のまとめ

どのような英文でも次の主要素をベースに5文型で分類できるようシッカリ覚えておきましょう!

S = 主語(誰/何)
V = 動詞(状態/行動/習慣/時制)
O = 目的語(V → 対象)
C = 補語(説明 = S or O)

1文型:SV(主語+動詞)
2文型:SVC(主語+動詞+補語)
3文型:SVO(主語+動詞+目的語)
4文型:SVOO(主語+動詞+間接目的語+直接目的語)
5文型:SVOC(主語+動詞+目的語+補語)

iPhone・Androidなどスマートフォンの登場や人気海外ドラマのネッ...
「日本語で英語を学ぶ」 一見して当たり前のようだが、少しよく考えてみ...

英語を基礎から学べるサイト3選!

基礎から英文法を学びたい・やり直したい人が参考にできるサイトをまとめました。

どのサイトも英文法の基本からわかり易く順を追って勉強を進めていくことができます。ぜひ自分が気に入ったページで勉強してみてください。

1.スタディサプリ英単語
スタディサプリは、リクルート提供のスマホ・PCでいつでもどこでもできる英語学習サービスです。基礎から学べ、英語力の向上はもちろんのことTOEICのスコアアップにも役立ちます。

スタディサプリENGLISH

2.基礎英文法のやり直し講座
英語教材のオタクを自称する方が作ったサイトで英文法に関する内容が豊富。自身が使ってきた参考書の説明もあるのでおすすめの勉強法なども参考になります。

基礎英文法のやり直し講座

3.ちょいデブ親父の英文法
英文法を例文や口語表現とともにわかりやすく解説。大学受験レベルまでの英語が幅広く勉強できるサイト。

ちょいデブ親父の英文法

キャンペーン情報:無料で5,000円プレゼント
スタディサプリのTOEICコースでは、Amazonギフト券5000円分の無料キャンペーン中。実質0円で英語学習可能ですので、この機会にどうぞ!

» TOEIC® L&R TEST対策コースの詳細はこちら

P上
お役立ちオススメリンク集
学生ならAmazonプライムがもっとお得に!
Amazon Student 6ヶ月の無料体験

カードなしでネットショッピングできる。
Amazonギフト券

毎日1冊、本日限りの特別価格。
Kindle日替わりセール

今すぐ読みたい本がきっと見つかる。
Kindleストア

毎月1日に更新。今月限りの特別価格。
Kindle月替わりセール

人気書籍のランキングが1時間ごとに更新。
Kindleの売れ筋ランキング

いつでも豊富なKindle書籍が読み放題。
KindleUnlimited読み放題30日間無料体験

新曲〜名盤まで6,500万曲以上が聴き放題。
Amazon MusicUnlimited30日間無料体験

スマホで電子書籍が読める。
Kindle無料アプリの入手
スマホで本を聴いてみよう

通勤通学や就寝前の新習慣。

プロの声優や有名ナレーター・俳優の朗読で本は耳で聞く時代へ。


AmazonのAudible(オーディブル)は、音声コンテンツを耳で楽しむサービスです。


洋書・英語のボイスブックも多数で、
英語学習に効果的。

今すぐ本を耳で聴いてみよう!
Audibleの30日間無料体験
(最初の1冊は無料。)

スポンサーリンク

フォローする