英語の文法|SVOCに分類できない修飾語Mの使い方

スポンサーリンク
SVOCに分類できない修飾語Mの見分け方

どのような英文でも基本は4つの主要素から構成される5文型の形に分類して理解できるのですが、英文の中にはSVOCのどれにも当てはまらないような語句が見つかることがあります。

例)
I will work my homework in a library.

この例文を、

S = 主語(誰/何)
V = 動詞(状態/行動/時制)
O = 目的語(V → 対象)
C = 補語(S or O = 説明)

1文型:SV(主語+動詞)
2文型:SVC(主語+動詞+補語)
3文型:SVO(主語+動詞+目的語)
4文型:SVOO(主語+動詞+間接目的語+直接目的語)
5文型:SVOC(主語+動詞+目的語+補語)

英文法 SVOC の基本5文型はコレだけ覚えれば大丈夫!

に当てはめて5文型で見ると、

I = S
will work = V
my homework = O
in a library. = ?

となって文型SVO+”in a library”に対してはSVOOやSVOCにも当てはまらない感じがしませんか?

実際にこの例文中の「in a library」はS、V、O、C どれにも当てはまりません

このように文の意味をわかりやすく説明(修飾)してくれる、このような語句を「修飾語(M)」と呼びます。

今回はこの修飾語(M)についておさらいしてみましょう。

スポンサーリンク

英文法の修飾語 Mとは?

修飾語は一般的にMで略されます。修飾語・Modifier = M

この修飾語M は文の内容を表現豊かに描写するには欠かせない英文法の大事な要素。

役割としては、主語S、動詞V、目的語O、補語C の名詞に修飾語Mで説明を追加することで細かい表現ができるようになる、と覚えておけばよいでしょう。

ちなみに修飾語Mは主に、

  • 名詞を修飾する「形容詞的な修飾語」
  • 名詞以外を修飾する「副詞的な修飾語」

の2種類に分けることができます。

次の例文を見てどの語句が修飾語M()に当たるのか理解しておきましょう。

形容詞的な修飾語の使い方

「名詞←(修飾語M)」名詞を後ろから修飾「後置修飾」します。

形容詞的な修飾語の例)
We are looking at the fish (in the fish tank).
This is a bag (made in Italy).
Do you have something (to drink)?
I know the woman (who is singing on the stage).
The computer (on the desk) is mine.

副詞的な修飾語の使い方

「名詞以外 ←(修飾語M)→名詞以外」動詞・副詞・形容詞・文全体を前後から修飾します。

副詞的な修飾語の例)
I used to sing (in a class).
He played the piano (very) well.
She is smart (enough to pass the exam).
(Unfortunately) we could not meet him.
I’d like to have launch with you (if I don’t have a meeting tomorrow).

修飾語M の見分け方

修飾語Mはその名の通り、S・V・O・Cや文全体を表現豊かに修飾してサポートしてくれる役割ですから、仮に修飾語を取ったとしても文として大筋の意味は崩れずに理解できるのが一般的。

つまり、取っても文意が変わらない語句であれば、おおよそ修飾語Mである、と覚えておきましょうね。

修飾語Mを取っても意味は通じる例)

We are looking at the fish (in the fish tank).
→ We are looking at the fish.

This is a bag (made in Italy).
→ This is a bag.

She is smart (enough to pass the exam).
→ She is smart.

これで、修飾語M の見分け方は大丈夫ですね!

修飾語Mの使い方まとめ

SVOCのどれにも分類できない修飾語は次のポイント理解しておけば大丈夫ですよ。

  • 修飾語Mは、主語S、動詞V、目的語O、補語C の名詞の前後に追加することで細かい表現ができる。
  • 修飾語Mは主に「名詞を修飾する形容詞的な修飾語」と「名詞以外を修飾する副詞的な修飾語」に分けることができる。
  • 基本的な役割として名詞に対して補足説明として修飾しているだけなので、修飾語を取ったとしても文として大筋の意味は崩れずに理解できるのが一般的。

※修飾語Mは、必ずSVOCの5文型の形と一緒に覚えておきましょうね。

iPhone・Androidなどスマートフォンの登場や人気海外ドラマのネッ...
「日本語で英語を学ぶ」 一見して当たり前のようだが、少しよく考えてみ...

英語を基礎から学べるサイト3選!

基礎から英文法を学びたい・やり直したい人が参考にできるサイトをまとめました。

どのサイトも英文法の基本からわかり易く順を追って勉強を進めていくことができます。ぜひ自分が気に入ったページで勉強してみてください。

1.スタディサプリ英単語
スタディサプリは、リクルート提供のスマホ・PCでいつでもどこでもできる英語学習サービスです。基礎から学べ、英語力の向上はもちろんのことTOEICのスコアアップにも役立ちます。

スタディサプリENGLISH

2.基礎英文法のやり直し講座
英語教材のオタクを自称する方が作ったサイトで英文法に関する内容が豊富。自身が使ってきた参考書の説明もあるのでおすすめの勉強法なども参考になります。

基礎英文法のやり直し講座

3.ちょいデブ親父の英文法
英文法を例文や口語表現とともにわかりやすく解説。大学受験レベルまでの英語が幅広く勉強できるサイト。

ちょいデブ親父の英文法

キャンペーン情報:無料で5,000円プレゼント
スタディサプリのTOEICコースでは、Amazonギフト券5000円分の無料キャンペーン中。実質0円で英語学習可能ですので、この機会にどうぞ!

» TOEIC® L&R TEST対策コースの詳細はこちら

P上
お役立ちオススメリンク集
学生ならAmazonプライムがもっとお得に!
Amazon Student 6ヶ月の無料体験

カードなしでネットショッピングできる。
Amazonギフト券

毎日1冊、本日限りの特別価格。
Kindle日替わりセール

今すぐ読みたい本がきっと見つかる。
Kindleストア

毎月1日に更新。今月限りの特別価格。
Kindle月替わりセール

人気書籍のランキングが1時間ごとに更新。
Kindleの売れ筋ランキング

いつでも豊富なKindle書籍が読み放題。
KindleUnlimited読み放題30日間無料体験

新曲〜名盤まで6,500万曲以上が聴き放題。
Amazon MusicUnlimited30日間無料体験

スマホで電子書籍が読める。
Kindle無料アプリの入手
スマホで本を聴いてみよう

通勤通学や就寝前の新習慣。

プロの声優や有名ナレーター・俳優の朗読で本は耳で聞く時代へ。


AmazonのAudible(オーディブル)は、音声コンテンツを耳で楽しむサービスです。


洋書・英語のボイスブックも多数で、
英語学習に効果的。

今すぐ本を耳で聴いてみよう!
Audibleの30日間無料体験
(最初の1冊は無料。)

スポンサーリンク

フォローする